大阪・神戸・兵庫・京都・東京・神奈川・横浜で美容師・ネイリスト・アイデザイナー・アイリスト・アイデザイナーのお仕事をお探しの方の為の 求人サイト『アットスマイル』

気をつけて!!面接で失敗しないためのポイント

面接は、求職者とサロンの両方にとっての初顔合わせであり、
今後一緒に働いていける相手なのかという大切なことを判断する場です。
アットスマイルが間に入ることで設定された面接であっても、そこで失敗してしまうと自分にピッタリだったかも知れない職場との縁がなくなってしまうのでしっかりと臨みたいところです。

質問されたことにしっかり答える。
面接なので何か話さないと、と思うばかりに質問されていないことまで話してしまう失敗例はとてもよくあります。緊張しているからこそのことなのですが、美容関係の仕事は人相手の仕事なので、質問されたことにしっかり答えるというコミュニケーションスキルがアピールできると面接は勝ったも同然です。
無理に長く話す必要はありません。必要なことだけを簡潔に答えましょう。
逆質問の重要性。
「何か質問はありませんか?」と逆質問を促された時に、何も質問することがないと消極的な印象を与えてしまいます。しかし、だからと言ってすでに話題に上がったことを尋ねると「話を聞いていない」という印象を与えるので、意外に難しい場面です。
しっかりと声を出して、はっきりと話す。
美容業界だからこそ重視されるポイントです。お客様と話す機会が多いので、何を言っているのか分かりづらい、聞き取りにくいというのは致命的です。その人が働き始めたら、こんな話し方になるとイメージできるような話し方が理想的です。
決して難しいことではなく、面接官もあなたと話したがっているのですから、面接官と楽しく話すくらいの気持ちで十分です。
前職の退職理由は用意しておく。
転職活動で必ず質問されるのが、前職の退職理由です。何も問題がなければそのまま勤め続けていたはずだと考えるので、何があったのかと必ず質問されます。この時にネガティブすぎる回答だと悪い印象を与えるので、ここではあらかじめ回答を用意しておくのが良いでしょう。「結婚や育児のため」というライフイベントに関わるもの、「自分が思う仕事内容、価値観ではなかった」というキャリアに関わるもの、あとは「職場の雰囲気になじめなかった」という人間関係に関わるものなど、悪口にならない言い方を用意しておくのがポイントです。
あまり悪口を並べてしまうと、面接官は採用後に同じ悪口を言われるのではないかと思うものです。
失敗を恐れすぎない。
この記事は面接で失敗しないためのポイントを解説しているので矛盾しているかも知れませんが、面接で失敗したらどうしようと考えすぎないことはとても大切です。失敗したくないと思うと緊張が強くなり、いつもの自分でいられなくなります。
他の応募者も緊張していますし、面接官もあなたに来てもらいたいと思っているのですから、失敗しないようにと思っているかも知れません。自分らしい話し方ができたのに採用されなかった場合はむしろ、採用後に「こんなはずではなかった」と思う前に回避できたと考えるべきなので、いかにいつも通りの自分でいられるかが面接を勝ち抜く最強の攻略法なのです。
あなたの代わりに好条件求人をお探しします カンタン1分