大阪・神戸・兵庫・京都・東京・神奈川・横浜で美容師・ネイリスト・アイデザイナー・アイリスト・アイデザイナーのお仕事をお探しの方の為の 求人サイト『アットスマイル』

再就職手当について

転職活動をする上で、ぜひとも知っておきたい制度があります。それが、再就職手当です。
すでにご存じの方も多いと思いますが、転職初心者の方だと知らないことがあり、
知らないままだと損をしてしまう可能性が高いので、
ぜひとも正しい知識を持って貰えるものはしっかりと貰っておきましょう。

再就職手当の主旨

正社員として雇用された人は、自動的に雇用保険に加入します。
雇用保険とは失業してしまった時に適用される保険のことで、これにより退職してしばらくはすぐお金に困る状況がないように制度化されています。転職はほとんどの場合が自己都合なので、自己都合退職として失業保険は退職後約3か月後から支給が始まります。失業中の生活を保障するための保険ではあるのですが、勤務先都合での退職(倒産や解雇など)が待機期間である7日を経過したらすぐに支給されるのに対して自己都合の人には冷たい仕組みになっています。
勤務先都合で退職を余儀なくされた人に対してもそうですが、なるべく早く次の職場を見つけるのが一番なのは本人とっても、保険を支給する側にとっても同じです。そこで設けられているのが再就職手当で、めでたく失業保険の支給期間満了を待たずに次の就職が決まった際に支給される一時金のことです。
「せっかくなので失業保険満了までは受給してから働こう」という人が増えると保険金の支払いが大きくなるので、「再就職手当があるなら早く就職を決めても損にならないので仕事を探そう」という動機づけになるわけです。失業保険期間がどれだけ残っているかによって金額が変動しますが、数十万円クラスの一時金なので、貰っておかない手はありません。

再就職手当を受給するための要件

それでは、再就職手当を受給するための要件を見てみましょう。

待機期間を終了している
これは勤務先都合、自己都合にかかわらず失業後7日間という待機期間があります。再就職手当についても、この期間が過ぎていることが要件になります。
受給資格決定後に就職先が決まった
受給資格決定がなされた後で次の就職先が決まった場合、失業保険の代わりに再就職手当が支給されるという考え方で支給要件を満たします。
給付日数が3分の1以上残っている
おおむね失業保険は3ヶ月分なので、残り1ヶ月未満だと要件を満たしません。仮に満たしても手当の金額が微々たるものになってしまうでしょう。
次の職場で1年以上の雇用が見込まれ、雇用保険に加入する
これは重要です。次の勤務先でも雇用保険に加入して、さらに1年以上の継続的な雇用が見込めることが要件です。つまり、正社員またはそれに準ずる身分である必要があるということです。
以前に同じ勤務先で雇用されたことがない
過去に働いたことのある勤務先に戻るという場合は、要件から外れます。これをOKにしてしまうと何度も同じ職場を行ったり来たりして不正受給することが出来てしまいます。
過去3年間に同じ手当てを受給したことがない
過去3年間、今回と同じ再就職手当を受給してない必要があります。小刻みに転職を繰り返している人は要注意です。
再就職手当の手続き後、退職していない
手続き後すぐに退職をすると、手当受給目当てで就職した「ことにしている」と見なされる恐れがあります。

再就職手当の手続き

雇用保険の中にある制度なので、失業保険の手続きと同じくハローワークで行います。失業保険の受給が決まった後で就職先が決まったらハローワークに出向いて再就職手当の申請を行ってください。

支給の要件について

所定給付日数が90日の場合(離職理由が倒産・解雇等により給付制限がない方)

制限あり

給付制限がない方は、待期期間経過後であれば、就職の経路は問いません。
(知人の紹介、新聞広告等により就職した場合でも受給の対象となります。)

所定給付日数が 90 日の場合(離職理由が自己都合等で給付制限がある方)

制限なし

自営を開始した場合も、待期期間満了後1か月の期間経過後より対象となります。

再就職手当の額
所定給付日数 支給残日数 再就職手当の額
支給率50%の場合 支給率60%の場合
90日 30日以上 60日以上 基本手当日額(※上限有)
×
所定給付日数の支給残日数
×
50%又は60%
(1円未満の端数については、切り捨て)
120日 40日以上 80日以上
150日 50日以上 100日以上
180日 60日以上 120日以上
210日 70日以上 140日以上
240日 80日以上 160日以上
270日 90日以上 180日以上
300日 100日以上 200日以上
330日 110日以上 220日以上
360日 120日以上 240日以上

例えば、基本手当日額4,000円、所定給付日数90日の方が給付制限期間中に就職した場合・・・
所定給付日数90日に対して、基本手当の支給残日数が90日ですので給付率は60%となります。
再就職手当は、4,000円 × 90日 × 60% = 216,000円 となります。

あなたの代わりに好条件求人をお探しします カンタン1分