大阪・神戸・兵庫・京都・東京・神奈川・横浜で美容師・ネイリスト・アイデザイナー・アイリスト・アイデザイナーのお仕事をお探しの方の為の 求人サイト『アットスマイル』

履歴書作成マニュアル

これまでに転職の経験がある方であれば、履歴書を書いた経験もその分多いと思います。
そうではなくても、たとえアルバイトの面接であっても履歴書は必要なので、何らかの形で働いたことがある方であれば履歴書はその都度書いてきたことと思います。
ところでこの履歴書、名前の通り応募者がこれまでたどってきた履歴を示すものですが、
それだけの目的で提出が求められているわけではありません。面接に進む前の書類選考では、この履歴書に書かれている情報が大きく成否を分けます。
自分の代わりに自分をアピールしてくれる履歴書の正しい書き方と、
ちゃっかりアピールする方法を解説します。

履歴書の書き方見本(SAMPLE)

履歴書

手書き vs パソコンで作成
かつて履歴書と言えば手書きで書くのが当たり前でしたが、今ではネット上にある履歴書のテンプレートに必要事項を記入して作成する人も少なくありません。手書きと違って読みやすいのが最大のメリットですが、やはり昔と同じく手書きで作成するのが一番誠意が伝わりやすく、アピール材料にもなるのが実情です。
それでも最近ではパソコンで作成した履歴書でもそれだけで不利になることは少なくなっています。パソコンの操作を伴うような仕事の場合はスキルのアピールにもなり、必ずしもパソコンで作成するのがNGではありません。
ひとつ注意したいのはパソコンで作成する場合は用意されたテンプレートをそのまま使うようにしましょう。自分で書きたくない欄を消したりすると、それが意図的なもので何か答えたくないことがあるのではないかという印象を与えることもあります。
日付の確認を怠りなく
履歴書には必ず、日付を記入する欄があります。これは履歴書を作成した日付を書くためのものですが、採用側はこの日付が新しいかどうかをチェックしています。なぜなら、そこに書かれている内容が最新のものでなければならないからです。中には応募した際に不採用となり、送り返されてきた履歴書をそのまま別の就職活動に使う人もいますが、それだと日付が古くなってしまい使い回しを疑われるだけでなく、情報が最新ではないことが余計な憶測を呼ぶことになります。
面倒でも履歴書はその都度作成し、日付は最新のものを入れましょう。
手書きの場合のNG事項
手書きで履歴書を作成する際には、ビジネスマナーとして鉛筆やシャープペンシルなどを使うのはNGです。なぜなら、履歴書を作成した後で誰かが勝手に内容を改ざんしたとしてもそのことが分からないからです。それと同じ理由で、修正液を使用するのも良くありません。
書き損じを修正する際には、二重線で消した上から訂正印として履歴書に捺印しているものと同じものをそこに捺します。こうすれば仮に修正された箇所があったとしても本人が修正したものであることが分かります。
こうした修正箇所の取り扱いはビジネスマナーにのっとっている必要があるので、注意してください。
なお、修正箇所があまりにも多い場合は最初から書き直したほうが無難です。いくら修正印を使ったとしても修正箇所は1~2箇所程度にしましょう。
応募先、自分の職種に特化した履歴書を!
履歴書に書くことがないという理由で記入例サンプルをそのまましようしたり、あちこちの応募先に使えるような汎用性の高い文面にするなどの方法が見受けられますが、これはNGです。採用側はプロなので、こうした手抜きは一発で見抜かれてしまいます。
また、例えば同じく美容室に応募する場合であっても複数の美容室で全く同じことをやっていて同じ方向を目指しているわけではありません。それぞれの美容室に向けた専用の履歴書でないと自分の熱意は伝わりませんし、ラブコールも届きません。
自己PR欄や志望動機、得意分野などアピール性の強い欄には特に、それぞれの応募先を意識した内容にしたいところです。
あなたの代わりに好条件求人をお探しします カンタン1分